ブログ・事例紹介・お知らせ

2022/05/13

長距離移動サポート プライベートナースの役割

長距離移動支援 プライベートナースの役割

さまざまな理由から、お住まいから離れた土地でご病気となり療養をされる方、

実は以外に多くいらっしゃいます。

治療も終わり安定期に入ろうとする段階で、地元への転院や退院のお話になります。

その際にご本人やご家族はさまざまな不安を抱えます。

「歩けない状態でどうやって移動するの?」

「この状態で車に乗れるの?」

「かなりの距離、どういう手段を使って移動できるのだろう?」

「車椅子はどうやって操縦するの?」

「寝た状態でどうやって新幹線乗るの?」

「この機械はどうやって扱って、異常があった時はどうなってどう対処するの??」

 

その不安や疑問はここには書き表せないほど

その方の状態によってさまざまな不安や疑問、戸惑いをご本人、ご家族は感じられます。

 

こんな時こそ、どこでもナースの出番です!!

ご本人の抱える今現在の状態をお伺いし、専門知識と今までの実績や経験をフル稼働して、

ご利用者様にとって「安全・安楽・安心」この3つを最重要ポイントとして、ご希望も伺いつつ、最善の提案をさせていただくことをお約束します!!

そしてどこでもナースなので、全国どこでも付き添いいたしますよ!!

また、当日を迎えるまでに主治医や病棟看護師、リハビリスタッフなと必要に応じて多職種と連携をとり、

ご本人のお体の状態を把握し、問題抽出、課題解決へ向けて誠心誠意取り組みます。

 

私たちプライベート看護師の役割は、「安全・安楽・安心」を最重要ポイントとし、

目的地までお客様をお連れすることを大切にしています。

 

久しぶりに再会されるご家族などとのお時間もかけがえのない大切な時間です。

最大有効活用できるよう、最大の配慮をし対応させていただきます。

 

さまざまな手配についても、病院医療ソーシャルワーカー様や退院支援看護師様の

ご負担が軽減されるよう、サポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

「こんな時どんな方法があるの??」などご相談もお受けいたしますので、ぜひご相談ください。

 

ご家族の皆様におかれましても、不安なことや疑問などなんなりとお気軽にお声掛けください。

 

「看護師さんについて来てもらって本当によかった。安心して帰ってこれました。」

このお言葉を頂いて私はいつも嬉しく思います(^ ^) by酒田

 

補足:医療ソーシャルワーカー、退院支援看護師とは病院に所属されている専門職です。

入退院に関わるさまざまな相談に乗ってくださったり、社会資源の紹介や地域の行政サービスへの橋渡しなど役割を担ってくださっており、患者様にとってとても心強い方々です。

2022/05/06

忘れられない人生の一ページ

受け入れ拒否が強い方との関わりの中で見えてきたものとは…

お客様と私は、年齢差がなんと約50歳以上⭐︎ 人生の大先輩であり、どのように関係性を築いて行くと良いかと考えていました。

この方は都心に住む娘さんからの依頼で、定期的にお父さん(お客様)の様子を見てきてほしいということで訪問してしていた方でした。

高齢ですが、介護保険の介護度がつくような状態でもなく、とってもパワフルでお元気な方。

行政サービスも利用することなく独居で、娘さんも高齢となり頻回に帰省できないこともあり、お父さんの性格的なとことも十分理解された上で、だいぶん困っている状況でのご依頼でした。娘さんなりにお父様を思ってのご依頼なのがとても伝わりました。

職人気質で頑固者で、外部との交流を拒み、新しい人、ものが介入することをすごく拒む方でした。門前払いにあい、正直受け入れて頂くことも難しく悩みました。嫌われっちゃってるかも・・・どうやって介入していけるだろうと悩みました。

ある時ご自宅にお伺いしたら、すっごくコーヒーのいい香りが漂ってきました。

もしかしてコーヒーがお好きなのかも??と思い、仲良くなるにはこれだ!!!!!と思い、お伺いしてみたところ、今までの表情が嘘のように変わり、「あんたもコーヒー好きか??」と嬉しそうな表情で聞いてくださったのです。

私はアルコールよりもコーヒーが大好きで、いつもコーヒーミルで豆を挽くところから一日が始まる生活なので、共通の話題がありすごく嬉しかったです。

一気にコーヒー談話で話が弾みました。好きな銘柄や最近はまっている品種のこと、さまざまなこだわりなどたくさんお話しをしてくださって、

私もとても勉強になりました。それからというもの、私が来ることを楽しみにしていてくださり、その度に新しい品種を用意していろんな情報をくださったりとコーヒーがきっかけで一気に関係性が築けたのです(^ ^)

娘さんも、お父さんが嬉しそうに話しているのを電話越しに話されている様子を通して、本当に喜んでくださいました。

コーヒーの話題を通して関係性を築きながら、健康状態のチェックをし、これまで歩んでこられた人生のこと、ご家族のこと、これからの人生の終い方など少しずつ思っておられることを話してくださるようになりました。その思いを受け止めながら、必要に応じて娘さんへの橋渡しをさせてただいたりすることもあり、遠く離れている娘さんにとても安心していただけているご様子でした。

関わらせていただいて数ヶ月後、あんなにお元気でしたが突然のお別れとなりました。

私は今でもコーヒーを飲むたびにこの方を思い出します。

当たり前の日常などなくて、日々一日一日が大切な1日であることを改めて感じた出来事でした。

私の好きな言葉、この言葉も大切な方から教えていただいたのですが、私は日々この言葉の意味を座右の銘として大切にしています。

「明日ありと思う心の仇桜」

明日自分の命があるかどうかわからない、だからこそ今を精一杯大事に生きていきたいという意味です。

 

日々命と向き合っている方々と関わらせていただく私は、本当にこの言葉の意味を痛感しています。感謝の気持ちを忘れずに、言葉で伝えることの大切さも身を以て経験しています。

「ありがとう」という言葉が大好きです。

誰しもが悩みを抱え、不安や葛藤を少なかず持っていると思います。隣の芝は青く見えるものです。

ネガティヴに考えていても、一度きりの人生勿体無いと思いませんか?

悩む時間はできるだけ短く!考えるより行動だと私は考えています。

今を大切にしましょう(^ ^)    by酒田

2022/02/04

最近の様子

最近の様子

久しぶりの投稿です。

コロナがなかなか収束しませんが、どこでもナースは元気です^ ^

今は旅行や外出支援は激減ですが、いろんな相談をお受けする中で皆さんが必要とされているニーズを知ることができ、

新たなサービス構築に構想を練り始めています。

ピンチはチャンス!

不安を煽るような情報に左右されることなく、笑顔で免疫力アップしてコロナに負けない体つくりをしましょう^ ^

感染対策は基本的なことを守ることです。

!!食事前や粘膜を触る際は、手指を清潔にすること!!

メガネなどで目の粘膜を保護することもとても有用なことと思います。

どこでもナースはコロナに負けません!!^ ^

2021/11/14

今日も元気に営業中!!(お食事処ではございません(笑))

今日も元気に営業中!!

コロナも終息しつつあり、金沢も活気づいております!!

11/7には香箱蟹が解禁となり、観光の方も増えているのかなと思います(^ ^)

旅行をされる方も増えてこられ、おかげさまでお問い合わせも増えている状況です。

年末年始の一時帰宅の付き添い等をご検討される方も多く、すでにほぼ枠は埋まりつつあり、

お断りさせて頂いている状況もあり大変申し訳ございません。

日程や内容によってはまだ対応可能なこともありますので、ぜひお問い合わせください(^ ^)

 

 

2021/10/17

最後住み慣れた我が家で迎えたいとおもっていても、なかなか現実は難しい

最後住み慣れた我が家で迎えたいとおもっていても、なかなか現実は難しい

タイトルの内容は、訪問看護事業にも携わる中で感じる事です。

状態が安定されている時は覚悟はできていても、いざ目の前の大切な人が苦しんでいる状況を目の当たりにすると、誰しも動揺します。

「本当にこのままでいいのだろうか?」「やっぱり病院に行ったほうがいいのではないか?」とご家族の気持ちが揺れ動くのは当然です。

私は、今決めなくていいと感じています。同じ様に迷われているご家族にも同様の事をお伝えします。

「その時、その状況になったら考える」

これでいいと感じています。

人はいつの日か旅立ちます。

だからこそ日々、大切な人とのかけがえのない時間を大切にすること、ご家族の間でも死生観について話合うことは大切です。

医療従事者は、その方がどういった人生を歩んで、どのような価値観で過ごされてきたかを知ることはほんの僅かです。

一番良く理解されているのは、長年一緒に過ごされてきたご家族です。

「お父さんだったらきっとこうしてほしいと思ってると思うなぁ」

こんな事ありませんか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...