ブログ・事例紹介・お知らせ

2021/05/25

(誤った感染対策:その1)使い捨ての手袋・飲食店

(誤った感染対策:その1)使い捨ての手袋・飲食店

ここ最近、飲食店でも感染対策と思われるのですが、使い捨ての手袋をした状態でお仕事をされていいる方をお見かけします。

正直に言わせていただくと、あまり好ましくないと思って拝見しています。

もし感染対策で使用されるのであれば、最低以下の5つのことを守ることをお勧めします。

(飲食店の場合)

①こまめに取り替え、手を洗う。(使用は最小限)

②食事の提供時と会計時、同じ手袋をして対応しない。

③手袋をつけた状態でアルコール消毒をしない。

④テーブル片付けの際、テーブル上の調味料も消毒液で拭き取る。

⑤トイレの出入り口に手指消毒液を設置する。

全てに根拠があります。

使い捨て手袋を頻回に交換するとなればコストもかかりますので、

むしろこまめな手洗いの方がいいですね。

もし、詳細に知りたいなど相談ありましたらご連絡ください^ ^

自粛などで飲食店の、みなさまも苦しい状況かと思います。

私個人的には飲食店での会食が原因で感染拡大しているとは考えていません。

しかしながら、不特定多数の方が出入りされておられるためリスクもあるのは確かです。

看護師としての知識が少しでも、飲食店の方々のお役に立てれば光栄です(^ ^)