ブログ・事例紹介・お知らせ

2022/05/13

長距離移動サポート プライベートナースの役割

長距離移動支援 プライベートナースの役割

さまざまな理由から、お住まいから離れた土地でご病気となり療養をされる方、

実は以外に多くいらっしゃいます。

治療も終わり安定期に入ろうとする段階で、地元への転院や退院のお話になります。

その際にご本人やご家族はさまざまな不安を抱えます。

「歩けない状態でどうやって移動するの?」

「この状態で車に乗れるの?」

「かなりの距離、どういう手段を使って移動できるのだろう?」

「車椅子はどうやって操縦するの?」

「寝た状態でどうやって新幹線乗るの?」

「この機械はどうやって扱って、異常があった時はどうなってどう対処するの??」

 

その不安や疑問はここには書き表せないほど

その方の状態によってさまざまな不安や疑問、戸惑いをご本人、ご家族は感じられます。

 

こんな時こそ、どこでもナースの出番です!!

ご本人の抱える今現在の状態をお伺いし、専門知識と今までの実績や経験をフル稼働して、

ご利用者様にとって「安全・安楽・安心」この3つを最重要ポイントとして、ご希望も伺いつつ、最善の提案をさせていただくことをお約束します!!

そしてどこでもナースなので、全国どこでも付き添いいたしますよ!!

また、当日を迎えるまでに主治医や病棟看護師、リハビリスタッフなと必要に応じて多職種と連携をとり、

ご本人のお体の状態を把握し、問題抽出、課題解決へ向けて誠心誠意取り組みます。

 

私たちプライベート看護師の役割は、「安全・安楽・安心」を最重要ポイントとし、

目的地までお客様をお連れすることを大切にしています。

 

久しぶりに再会されるご家族などとのお時間もかけがえのない大切な時間です。

最大有効活用できるよう、最大の配慮をし対応させていただきます。

 

さまざまな手配についても、病院医療ソーシャルワーカー様や退院支援看護師様の

ご負担が軽減されるよう、サポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

「こんな時どんな方法があるの??」などご相談もお受けいたしますので、ぜひご相談ください。

 

ご家族の皆様におかれましても、不安なことや疑問などなんなりとお気軽にお声掛けください。

 

「看護師さんについて来てもらって本当によかった。安心して帰ってこれました。」

このお言葉を頂いて私はいつも嬉しく思います(^ ^)   酒田

 

補足:医療ソーシャルワーカー、退院支援看護師とは病院に所属されている専門職です。

入退院に関わるさまざまな相談に乗ってくださったり、社会資源の紹介や地域の行政サービスへの橋渡しなど役割を担ってくださっており、患者様にとってとても心強い方々です。